【販売中】第71回 岩手芸術祭 映像フェスティバル「市民による映画づくりの可能性を探ろう」

第71回 岩手芸術祭 映像フェスティバル「市民による映画づくりの可能性を探ろう」チケット販売中。

 

 

2018年11月11日(日)14:00開演(13:30開場)
会場:もりおか町家物語館 浜藤ホール
入場料:前売 一般 1000円/大学生以下 500円

 

ーーーーーーーーーー
◉ 市民が中心となって制作された映像作品の上映


・ 「アーツいわて塾 映像制作講座」制作作品(5分×2作品)上映
・ 映画「蛾と笹舟」上映(60分)
・ 短編映画「Message〜ぼくらの夏休み〜」上映(29分)(製作:あいづっこ人材育成プロジェクト実行委員会)

 

ーーーーーーーーーー

◉ 市民参加の映像作りに関わった映画監督・撮影監督等によるトーク&ディスカッション
「アーツいわて塾」公開講座「市民による映画づくりについて」


出演 板屋宏幸 × 千葉真一 × 東海林千秋
進行 坂田裕一

 

ーーーーーーーーーー

 

お問い合わせ:特定非営利活動法人いわてアートサポートセンター http://iwate-arts.jp

 


【販売中】岩手大学劇団かっぱ 2018年冬期公演「4つ打ちノーザンロック」

岩手大学劇団かっぱ 2018年冬期公演「4つ打ちノーザンロック」チケット販売中。

 

 

岩手は盛岡を拠点とする不人気ガールズエアバンド・ツンドラ流星群は、メンバーの音楽性の違いほか諸々の事情によりとうとう解散することになった。

苦悩するリーダー兼ボーカルのウィスパーボイス佐羽根。

解散ライブの直前、ドラムのボディランゲージ宮守は彼女に体でこう語る。

『私ね、×××ったよ』
流転する想い!襲来する寒波!占拠されるこたつ!迸る熱意!吹雪轟く北の大地で今、この冬最も熱いライブが幕を開ける!

 

ーーーーーーーーーー

 

2018年 12月
8日(土)14:00-/19:00-
9日(日)11:00-/14:00-
※開場は開演の30分前

 

会場:いわてアートサポートセンター風のスタジオ

 

◎ 前売 一般 1000円/学生 800円/高校生以下 500円
※当日各200円増
※リピーター割500円(本公演の半券を提示でどなた様も500円)

 

物品販売:開場中と終演後に物品販売を行います

 

ーーーーーーーーーー

 

岩手大学劇団かっぱ ウェブサイト http://kappahome.web.fc2.com

公演最新情報(Twitter:@gekidankappa) https://twitter.com/gekidankappa

 


【販売中】ONEOR8「ゼブラ」宮古公演

ONEOR8「ゼブラ」宮古公演  チケット販売中。

 

 

「葬式のとき、いつも考えることがある。部屋を囲った白黒の幕が、シマウマを連想させるのだ。でっかいシマウマの横で自分がお焼香をしていると思ったら、なんだかおかしくてたまらなくなる。参列者は皆ゼブラカラーの服を着て、シマウマ様を崇めているように見える。亡くなった方もきっと、この大きすぎるシマウマに乗って天国へと旅立つのだろう。それにしてもどうやってシマウマに乗ったのだろう?きっと脚立を使ったに違いない。そんなことを考えながら、私は泣かないようにしています。」

 

ーーーーーーーーーー

 

2018年 12月19日(水) 開演 18:30(開場 18:00)
会場:宮古市民文化会館・中ホール(宮古市磯鶏沖2-22)

 

◎ チケット前売 一般 2000円(Cygでは一般のみ販売中)※当日500円増し

 

ーーーーーーーーーー

 

公演詳細
宮古市民文化会館 ウェブサイト http://iwate-arts-miyako.jp (twitter:@miyako_43n_bnk)
ONEOR8 ウェブサイト http://oneor8.ne (twitter:@oneor8_kousiki)

 

 

主催:特定非営利活動法人いわてアートサポートセンター(宮古市民文化会館平成30年度芸術文化事業)
共催:宮古市・宮古市教育委員会
協力:一般社団法人舞台芸術共同企画
企画・制作:ONEOR8(ワンオアエイト)

 


【販売中】もりげき八時の芝居小屋 第163回公演 いわて高校演劇秀作選 特別編 劇団ちりぢり番外公演「みんなの美学」

もりげき八時の芝居小屋 第163回公演
いわて高校演劇秀作選 特別編 劇団ちりぢり番外公演「みんなの美学」チケット販売中。

 

 

もりげき八時の芝居小屋「いわて高校演劇秀作選」の特別編として、我々劇団ちりぢりが登場することとなった。
演目はずばり、「みんなの美学」。我々が盛岡一高演劇部時代(10年前!)に高校演劇の大会で上演した作品である。
作・演出は現ちりぢり主宰・藤原瑞基(当時16歳)が担当し、2009年、第35回岩手県高等学校演劇発表会にて、最優秀賞と創作脚本賞を受賞した。激しい賛否両論を巻き起こした阿鼻叫喚大絶叫のこの舞台は、当時多くの観客の心と脳みそに強すぎる印象を残し、永遠にこびりついて離れなかった。そして時は流れ、2019年1月。10年後にまさか再演できると思わなかった。しかも、伝統ある「もりげき八時の芝居小屋」である。キャストもスタッフもあの頃とはほとんど違うメンバーだが、今回参加できなかった初演メンバーの熱い想いも背負って、より進化した新しい「みんなの美学」をお見せしたい。
あの頃から僕らがずっと大好きな、いわての高校演劇に、大きすぎる愛をこめて —

(公演チラシより)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

2019年 1月9日(水)、10日(木)、11日(金)各日 20時開演(19時30分 開場)

会場:盛岡劇場タウンホール(盛岡市松尾町3番1号)

 

◉ 前売り 1000円(当日 1200円)

 

◉ mフレンズ 800円(取扱いは盛岡劇場/盛岡市民文化ホール/キャラホール/姫神ホールのみ)

◉ 共通回数券 5000円(共通回数券は7枚綴り/取扱いは盛岡劇場のみ)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【出演】

藤原瑞基/日坂さと/伊藤栞/山村佑理(tasse)

 

◎ 劇団ちりぢり とは

盛岡一高演劇部平成22年度卒業生が中心となり、2012年に盛岡にて旗揚げした劇団である。名前の通り日本各地にちりぢりになったメンバーがふとしたことで地元盛岡に集まり公演を行う。第3回公演「血は立ったまま眠っていない」が第16回盛岡市民演劇賞「観客賞」を受賞。盛岡在住団員、情熱的かつ精力的に活動中。

 

公演最新情報(twitter:@chiridiri)https://twitter.com/chiridiri

ウェブサイト http://chiridiri.web.fc2.com

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

◎ もりげき八時の芝居小屋 とは

盛岡劇場地下のタウンホールにて、夜八時に開演する公演。" はちしば "の通称で親しまれ、良質なお芝居を手ごろな料金で、学校や仕事の帰りに立ち寄って楽しめるようにと企画されました。劇団の枠を超えた役者・スタッフによるプロデュース公演をはじめ、バラエティー豊かな作品が年6回ほど上演されています。

 


【販売中】tasse trial vol.2 ダンス公演「草創シェイク」

ジャグリングダンススタジオ tasse 企画 パフォーマンス実験部屋 tasse trial vol.2
ダンス公演「草創シェイク」チケット販売中。

 

 

タス トライアル第二弾は3人のパフォーマーによる共同創作。

図らずして盛岡に集まったそれぞれは、大きな選択をして一歩を踏み出したところだった。

3つの交わることの無かった道が重なるとき、そこには何が生まれるのか。

三者三様の「いまの身体」と向き合い、体で考え、共に踊る。

そうして導き出される未来の形を模索しダンス作品として届けます。

 

ーーーーーーーーー

 

2018年 11月
23日(金)18:00

24日(土)13:00/18:00

25日(日)11:00

26日(月)19:30
全5回公演

*受付開始・開場は各開演時間の30分前

*公演時間は50分程度を予定

 

会場:tasse(盛岡市中野1-28-10)

 

◉ 予約/前売 1600円(1ドリンク付き)(当日 2000円)
*中学生以下は料金1000円引き、未就学児は入場無料

*リピーター割引あり。2回目以降のご観覧は前売料金の300円引き。

 

ーーーーーーーーー

 

[作・出演]坂上健、山手清加、山村佑理

[広報・制作]村田青葉

[企画・運営]tasse

 

【パフォーマー プロフィール】

◎ 坂上健 SAKAGAMI Ken

1981年 岩手県陸前高田市生まれ。盛岡市で育つ。岩手大学人文社会学部卒業。

8歳からジャズダンス・モダンダンスを学び、大学卒業後バレエを学ぶ。2009年に上京、コンテンポラリーダンスを河名健次に師事。2013年より独自の舞踏表現を追求するため即興で踊り始める。今年7月に地元盛岡に戻る。ダンスで提示できる世界をより豊かにできるよう身体の可能性を探求する。

ーーー

◎ 山手清加 YAMATE Shizuka

1989年盛岡市出身。3歳でダンスをはじめる。獣医師免許取得後、フランス・トゥールーズの国立振付開発センターにて2年間コンテンポラリーダンスの研修を受ける。2015年より自身の変化の過程を形に残すシリーズ企画「にんげん博物館」を発表。「雲は透ける、ペーパーナプキンにあこがれて」など演劇作品の振付も行う。

ーーー

◎ 山村佑理 YAMAMURA Yuri

1992年 東京出身。10歳でジャグリングをはじめる。2009年ジャグリング世界大会決勝出場、2010年全国大会銀賞を受賞。ボールと一緒に踊る独自の表現で、国内・海外各地のイベント・舞台・サーカス等に多数出演。2014年フランスの名門サーカス学校Le Lidoに入学、2年間修行の後、盛岡市へ移住。2018年山手清加と共にtasseを立ち上げる。盛岡雑技の会代表。

 

 

公演最新情報

tumblr https://uutasse.tumblr.com

twitter https://twitter.com/uutasse

 

 


【販売中】もりげき八時の芝居小屋 第162回 八時の芝居小屋制作委員会プロデュース 「バンク・バン・レッスン」

もりげき八時の芝居小屋 第162回 八時の芝居小屋制作委員会プロデュース「バンク・バン・レッスン」チケット販売中。

 

 

とある地方銀行のフロアには、防犯訓練を控えた銀行員たちが緊張の面持ちで佇んでいた。
予期せぬ来訪者を巻き込み、ドラマを求めて繰り返される銀行強盗襲撃訓練!
正義とは?秩序とは?親子とは?緊迫した立て籠り現場で今、愛と絆が試されるッ!

 

ーーーーーーーー

2018年 11月14日(水)、15日(木)、16日(金)
全日 19:30開場/20:00開演

 

会場:盛岡劇場タウンホール

 

◉ 前売り 1000円(当日 1200円)

 

ーーーーーーーー

 

【出演】

藤原瑞基(劇団ちりぢり)

佐藤玲香

角舘信哉(liner notes)

佐藤央臣(劇団ちゃねる)

福島くるみ(劇団しばいぬ)

盒郷真

村井みづき(劇団かっぱ)

榊原明徳(現代時報)

 

 

作:高橋いさを

演出:ベロ・シモンズ(ボーイズドレッシング)

制作:佐々木啓太、藤原さつき(スワンボート)、嵯峨瞳(片目で立体視)

装置:大久敬介

音響プラン:土川拓未(ボーイズドレッシング)

音響補助:日坂さと(劇団ちりぢり)

照明:浅沼昌弘(アクト・ディヴァイス)

衣装メイク:藤原悦子(よしこ)

舞台美術:日本人

宣伝美術:平川重寅(pmi)

プロデューサー:東隆幸

 

公演最新情報(twitter:@bankbang2018)https://twitter.com/bankbang2018

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

◎ もりげき八時の芝居小屋とは

盛岡劇場地下のタウンホールにて、夜八時に開演する公演。" はちしば "の通称で親しまれ、良質なお芝居を手ごろな料金で、学校や仕事の帰りに立ち寄って楽しめるようにと企画されました。劇団の枠を超えた役者・スタッフによるプロデュース公演をはじめ、バラエティー豊かな作品が年6回ほど上演されています。

 


もりげき八時の芝居小屋 第161回公演 トラブルカフェシアタープロデュース 「幻書奇譚」

もりげき八時の芝居小屋 第161回公演 トラブルカフェシアタープロデュース「幻書奇譚」チケット販売中。

 

盛岡の演劇×東京の演劇−−
10・11日は盛岡の演劇人が、そして12日は東京のロデオ★座★ヘヴンが上演!

 

 

(画像クリックで拡大)


とある博物館の会議室。ある古い書物の真偽について話し合うために、7人の男女が集まった。書物の名はナノ文書。
失われた言語で記され、『世界で最初に書かれた本』と呼ばれたが、遡ること12年前に贋作騒動が発生。その混乱の中、忽然と姿を消してしまった。
当時、ナノ文書に関わった人々に失踪や謎の死をもたらした、いわくつきの書物。その書物が時を越え、博物館に姿を現し、再び真贋を巡る論争が巻き起こる。ナノ文書はなぜ消えたのか。何が書かれていたのか。7人の男女が繰り広げる激しい議論と駆け引きの末、ついに幻の書の秘密は暴かれるが……。
謎と言葉が銃弾のごとく飛び交う、目眩必至の論争劇。

 

脚本:柳井祥緒(十七戦地)

演出:10・11日/遠藤雄史(トラブルカフェシアター)、12日/柳井祥緒(十七戦地)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

2018年 10月10日(水)、11日(木)、12日(金)
各日 19:30開場/20:00開演

 

会場:盛岡劇場タウンホール(盛岡市松尾町3番1号)

◉ 前売り 1000円(当日 1200円)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

10日(水)盛岡キャスト  ̄藹弌П麁M沙法淵肇薀屮襯フェシアター)

菅原康幸(劇団ゼミナール)

阿部菜摘(トラブルカフェシアター)

及川貴樹(トラブルカフェシアター)

工藤有季(WIRE WORK)

小笠原利弥(劇団SummerSummer)

東海林浩英

佐々木啓太

 

11日(木)盛岡キャスト◆ ̄藹弌П麁M沙法淵肇薀屮襯フェシアター)

小笠原利弥(劇団SummerSummer)

八木絵里(劇団ゼミナール)

及川貴樹(トラブルカフェシアター)

日坂さと(劇団ちりぢり)

菊地淳也(劇団ボンボヤージュ!)

東海林浩英

菅野逸平(トラブルカフェシアター)

 

12日(金)東京キャスト 演出:柳井祥緒(十七戦地)

鶴町憲

福田真夕(JACROW)

音野暁(ロデオ★座★ヘヴン)

広瀬咲楽(劇団ハーベスト)

伊藤俊輔(ONEOR8)

森田陽祐

澤口渉(ロデオ★座★ヘヴン)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【柳井祥緒】

十七戦地・脚本演出。代表作『花と魚』(第17回日本劇作家協会新人戯曲賞)、『獣のための倫理学』(CoRich舞台芸術アワード!2013・6位)。

『ウルトラマンX』『ウルトラマンオーブ』『ウルトラマンジード』アニメ『将国のアルタイル』など脚本提供多数。

 

【ロデオ★座★ヘヴン】

2011年、東京を本拠地に、澤口渉と音野暁の二人の俳優によって旗揚げ。以降、制作メンバーとして二名が加入、現在に至る。

特定の演出家、役者を持たず、毎公演形態の異なる作品を上演。バラエティに富んだ作品、中でもキャスティングの秀逸さは好評を得ている。2017年上演の『大帝の葬送』が花まる学習会王子小劇場主催、佐藤佐吉賞2017において優秀作品賞ほか全4部門を受賞。

ウェブサイト http://rodeotheheaven.wixsite.com/rodeo

 

【トラブルカフェシアター】

2000年、盛岡を本拠地に岩手大学演劇サークル劇団かっぱの平成10・11年度卒業OBを中心に結成。代表 遠藤雄史の戯曲を中心に誰でも気兼ねなく楽しく観劇できるような、エンターテイメント性の高い演目を上演してきている。

代表作として『腕呼争場』(第7回盛岡市民演劇賞大賞受賞)、『あの角を曲がれば』(第8回盛岡市民演劇賞大賞受賞)、『寝言家族』(第13回盛岡市民演劇賞演出部門賞)等がある。

ウェブサイト http://tctmorioka.web.fc2.com

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

◎ もりげき八時の芝居小屋とは

盛岡劇場地下のタウンホールにて、夜八時に開演する公演。" はちしば "の通称で親しまれ、良質なお芝居を手ごろな料金で、学校や仕事の帰りに立ち寄って楽しめるようにと企画されました。劇団の枠を超えた役者・スタッフによるプロデュース公演をはじめ、バラエティー豊かな作品が年6回ほど上演されています。

 


架空の劇団 第20回公演「生還」

架空の劇団 第20回公演「生還」チケット販売中。

 

 

とある地方の大学教授が亡くなった。遺品である蔵書を形見分けしてもらうために集まった、生前縁のあった人たち。

「偲ぶ会」の打ち合わせも兼ねて、思い出話をするうちに、教授の研究テーマの一つだった人類史から、現代の地方に暮らす日本人の姿が見えてくる。

 

ーーーーーーーーーーー
2018年 9月
28日(金)19:30
29日(土)14:00 19:00
30日(日)11:00
全4回公演/開場は開演30分前

 

会場:盛岡劇場タウンホール

 

◉一般 前売 1500円(当日 1800円)
◉大学生 1000円(前売・当日ともに)
◉高校生以下 500円(前売・当日ともに)

 

ーーーーーーーーーーー

架空の劇団(かくうのげきだん)

1990年旗揚げ。毎月新作を上映する「一月一本勝負」やアゴラ劇場大世紀末演劇展への参加等、精力的に活動するも1996年解散。

架空の劇団という名前を消してしまうのが惜しく、2001年復活。寺で結婚話を描く「お寺シリーズ」や、産婦人科のロビー、保育園などを舞台とする、生活に根差した作品を得意とするくらもちひろゆきと、詩人をモチーフにした「月下の一群シリーズ」のほか、歌人や歴史上の人物などが登場する作品を得意とする盒饗鵑砲茲襦劇作家2人体制。

 

ウェブサイト http://kakoo2001.wixsite.com/kakoo2001

facebook https://www.facebook.com/kakoo2001/
twitter https://twitter.com/kakuu_no2001(@kakuu_no2001 )

 


「語る 奏でる JAZZ」JAZZピアニスト 北島貞紀トーク&ライブ

「語る 奏でる JAZZ」JAZZピアニスト 北島貞紀トーク&ライブ チケット販売中。

 

 

2018年 9月21日(金)19:00-(開場 18:30)
会場:もりおか町家物語館 浜藤ホール(盛岡市鉈屋町10-8)


◎ チケット 前売り 1800円(当日2000円)


ーーーーーー
もりおか町家物語館
ウェブサイト:http://machiya.iwate-arts.jp
facebookページ:https://www.facebook.com/moriokamachiya/

 


スワンボート+演劇同好会 気丈な空論 合同旗揚げ公演

いわてアートサポートセンター チャレンジシアター企画
スワンボート+演劇同好会 気丈な空論 合同旗揚げ公演 チケット販売中。

 

 

◎スワンボート 第1回公演「宙ぶらりんです。」
兄が拉致られた先は、我が家でした。自称婚約者の暴走は、母親の願望と結びつき、バラバラだった兄妹を引き寄せる。
「家族」を結びつけるものは一体なんなのか。しんどい、みっともない、笑うしかない、60分のファミリードラマ。

 

◎演劇同好会 気丈な空論 旗揚げ公演「シ鬼」
楽しい時間はあっという間。無邪気な4人の子供の遊びは、やがて時間を超え4つの物語へと姿を変える。
これは国語の、あるいは算数の、4人の、そして1つの、お話。

ーーーーーーーーーーーーーー

 

2018年 9月22日(土)、23日(日)

会場:いわてアートサポートセンター風のスタジオ

 

【1ST】22日(土)

13:30 開場

14:00-【上演 曠好錺鵐棔璽函60分間)

15:00 一時開場・舞台転換

15:15-【上演◆杁ぞ罎紛論(60分間)

16:15 終了

 

 

【2ST】22日(土)

17:30 開場

18:00-【上演 曠好錺鵐棔璽函60分間)

19:00 一時開場・舞台転換

19:15-【上演◆杁ぞ罎紛論(60分間)

20:15 終了

 

 

【3ST】23日(日)

13:30 開場

14:00-【上演 曠好錺鵐棔璽函60分間)

15:00 一時開場・舞台転換

15:15-【上演◆杁ぞ罎紛論(60分間)

16:15 終了

 

===チケット===

【2公演とも観る!】◉合同通しチケット

早期購入割引(8/1〜8/31)一般 1600円/学生 1200円

(9/1〜9/21)一般 2000円/学生 1600円

 

【1公演だけ観る!】◉個別チケット

前売 一般 1200円/学生 1000円

 

(クリックすると大きな画面で確認できます)

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

スワンボート…藤原さつきの主宰する個人ユニット。「役立たずの演劇」をコンセプトに、笑いと哀しみ、くだらなさと切実さの同居する創作を心がけている。過去二回、観客参加型演劇コンテスト「もりげき王」に出場。二回とも決勝進出。

Twitter:@swanboat_info

 

演劇同好会 気丈な空論…「気丈な態度で嘘をつく」をモットーに、肩書にも形式にも囚われない緩くて不思議なフィクションを目指す。昨年の「とうほく学生演劇祭4」において『無シ』を発表し「頭ぶっ飛んでる」と評された今泉有雅が代表を務める。

Twitter:@steadytheories

 

公演最新情報は各団体のTwitterをご確認ください。

 

 


| 1/3PAGES | >>

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

Category

Archives