片目で立体視「心理的瑕疵物件ブルース」【キャスト紹介 1】

 

片目で立体視「心理的瑕疵物件ブルース」キャストの紹介をいたします。

 

 

◉嵯峨 瞳(さが ひとみ)
1992年生まれ/青森県八戸市出身

 

岩手大学人文社会科学部卒。同大学の演劇サークル・劇団かっぱの第31期生。

在学中より精力的に市内の劇団に客演、フライヤーデザインなども多数手掛ける。

近年は脚本・演出活動に注力し、2015年には日本劇作家協会東海支部プロデュース「ど・どしのぎ祭」にて招待上演を行う。


ーーーーーーーーーー
◉片目で立体視(かためでりったいし)
盛岡で演劇活動をおこなう嵯峨瞳の脚本・演出名義。
その語感から連想される「切実なイカサマ」「軽やかな矛盾」といったイメージを創作の源泉とし、所属俳優やスタッフを持たず公演ごとに参加者を集めるプロデュース形式をとっている。

 

 

 

片目で立体視「心理的瑕疵物件ブルース」

2/25 (土) 13:00- 16:00- 19:00-

2/26 (日) 11:00- 14:00- 17:00-

 

会場:シグアートギャラリー

チケット:一般 1,500円 学生 1,000円

チケットはシグアートギャラリー/カワトク/風のスタジオにて販売中。

ーーーーーーーーーー
盛岡の短編戯曲コンテストにて観客の票を集めること無く注目を集めた嵯峨瞳が本格的に活動開始。

 

起承転は既に終わってしまった。

くる年も裸足で逃げ出す訳ありアパートの大晦日、結待つばかりの二人が為に鐘は鳴る。

吸血鬼は居ない、愛も無い、笑っていいのか分からない、詐称的吸血鬼ラブコメディー。


公演詳細はこちらをご覧ください。 http://www.cyg-morioka.com/exhibition/2017021/index.html