辛 遊理「モノトーン」

本日より、辛 遊理「モノトーン」開催しております。みなさまぜひお越しください。

 

 

 

ーーーーーーーーーー

なお、本日18:30より、辛 遊理とCygによるトークイベントを開催します。
その後は作家も交えてのオープニングパーティーを行いますので、ぜひ続けてご参加ください。当日参加も可能です。

◉ 辛 遊理「モノトーン」オープニングトーク & パーティー
11月25日(土)
【トーク】 18:30− ※トークのみ参加の場合無料
【パーティー】 19:30− 参加費1,000円


会場:Cyg art gallery
予約優先(電話・店頭・ウェブにて受付)当日参加も可能です。


ーーーーーーーーーー

◉ 喫茶carta にてスペシャルメニュー

Cygから徒歩40秒の喫茶cartaでは、展覧会に合わせたスペシャルメニューをお楽しみいただけます。

 

日時:2017年 11月25日(土)-12月24日(日) 11:00-20:00

場所:喫茶carta (岩手県盛岡市内丸16-16(Cygより 徒歩40秒))
 

水曜日・最終火曜日 定休
※12/9(土)・12/10(日)は臨時休業となります。
※展覧会と営業時間・定休日が異なりますのでご注意ください。

http://kissa-carta.com

 

ーーーーーーーーーー
辛 遊理「モノトーン」

 

移りゆく季節のなかの景色や人々、鳥や植物、日常でふと横切るノスタルジーや無常感。

日々を少し俯瞰的に見つめるなかで、季節や環境と自身の感情が交差して生まれたイメージを具現化し絵画に起こしている。

冬は生まれ育った盛岡を思い出す一番好きな時季である。
辛 遊理
 

 

盛岡市出身の画家・辛遊理は、東北芸術工科大学大学院を修了するまで東北で制作を続けていました。

近年活動の拠点を関東に移し、それまでに自分が制作の基本としていた東北の季節を改めて感じるようになったといいます。

画面に描かれる人のどこか物悲しく憂いを帯びた表情は、何かを見つめているかのようでもあり、視点を定めず空を見るかのようにも感じられます。描かれる人物と季節と風景、色味と筆の遊び、そこにある物語をお楽しみください。

 


日時:2017年 11月25日(土)-12月24日(日) 11:00-19:00/無休
会場:Cyg art gallery

 

辛 遊理「モノトーン」展覧会詳細はこちらをご覧ください。
http://www.cyg-morioka.com/exhibition/2017111/index.html



Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

Category

Archives