[次回展覧会]MOLE GALLERY「MOLE COLLECTION 2020」

2月22日(土)より、MOLE GALLERY「MOLE COLLECTION 2020」を開催します。

 

 

美術家・大槌秀樹が2015年に立ち上げた住居兼ギャラリー「MOLE GALLERY」(モールギャラリー)が今回Cygの空間にオープン。未来からの目線による2020年当時、東北で目の前の現状と向き合っていた作家たちのコレクション展を開催します。 

 

出品作家:大槌秀樹/草裕/草亜樹/工藤裕太/後藤拓朗/是恒さくら/ちばふみ枝/根本裕子/ミシオ


-

MOLE GALLERY とは
2015年に、美術家・大槌秀樹が立ち上げた住居兼ギャラリーから始まる。
山形県山形市を活動拠点とする大槌は、同市の美術大学を出たものの、地方特有の表現する場が全くない現状に絶望していました。ましてや制作する作品は、パフォーマンスや記録映像であり、地方には受け入れにくい表現でありました。しかし、作品を表現することはまずは自身の為と割切り、生活する自室を改造し、住居兼ギャラリーとしてオープンします。それが『MOLE GALLERY』です。人がこようがこないだろうが約2年にわたり定期的に展覧会を開催し、その間に出会った同世代の美術家達と親交を深めていきました。
2016年には、美術家・後藤拓朗氏による『MOLE GALLERY』自体をモチーフにした作品、段ボールで作られた『MOLE GALLERY』が 山形ビエンナーレ2016(山形県山形市)にて発表され、2018年には、大槌による後藤氏の段ボール作品『MOLE GALLERY』をモチーフにした展覧会『帰ってきたMOLE GALLERY』展を GALVANIZE gallery(宮城県石巻市 )にて開催。2020年には、ART DRUG CENTER(宮城県石巻市)内の一つのタンスから『MOLE GALLERY -REBORN-』として再始動しました。
そして、その後も『MOLE GALLERY』は様々な発展を遂げていきます。

 

写真:「帰ってきた MOLE GALLERY」2018年・石巻のキワマリ荘 GALVANIZE gallery(photo 草裕)

 



Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

selected entries

Category

Archives