【次回企画展】 山形藝術界隈「山形藝術界隈展一三 盛岡会合」

次回企画展は10月26日(土)より、 山形藝術界隈「山形藝術界隈展一三 盛岡会合」を開催します。

 

 

山形でその活動を開始した芸術運動体、山形藝術界隈。2018年にCygで展覧会をした大槌秀樹、是恒さくら、根本裕子の3人もそのメンバーです。今回は作家同士の緩やかなつながりにスポットを当て、グループ展を開催します。 

 

ーー

 

山形藝術界隈のメンバーに「何人くらいのメンバーがいるのか?」と聞くと「どこからどこまでがメンバーという定義がないのではっきりしない」と答えが返ってくる。数人の定番メンバーを中心に、活動や展覧会内容によっても参加メンバーが変動する緩やかな集団だ。 リーダーもいないというが、個々がリーダーにも見える。互いを認め合いつつ、完全には同化しない。でも時にそれぞれの特性や技術、知識を持ち寄って協力し合う。そして、新たな作品が出来上がる。 昨年Cygでの個展では、根本の陶器シリーズの一つ「SANZOKU」ブランドに加え、大槌×根本コラボの「RAZOKU」、是恒×根本コラボの「KAIZOKU」が登場した。 大槌の展示作品「神々の撮影」シリーズにもその創作にメンバーである美術家の後藤拓朗の存在感が感じられる。(展示中にライブイベントを行なった音楽家の白丸たくトもメンバーの一人だ。) 今回の展覧会では、昨年の個展でも垣間見えた山形藝術界隈メンバー同士の緩やかなつながりや、影響をもっと見てみたいと、Cygからもリクエストをさせてもらった。それぞれ個性的でバラバラに見えるのに、不思議と調和も見えてくる。そんな山形藝術界隈のグループ展の面白さを盛岡でも紹介したい。
 

ーーーーーーーーーーー

 

日時:2019年 10月26日(土)‒ 11月10日(日)11:00–19:00/水曜定休

会場:Cyg art gallery(盛岡市内丸16-16 大手先ビル2階)入場無料

※展覧会に合わせたイベントも開催予定です。情報は追って公開いたします。

 

https://www.cyg-morioka.com/exhibition/20191026/index.html

 


【販売中】旋風の劇場 Vol.1「肴町右往左往物語」

真如苑プレゼンツ「いわて文化振興プロジェクト」

旋風の劇場 Vol.1「肴町右往左往物語」チケット販売中。

 

 

(※画像クリックで拡大)

 

君は本当の「風のスタジオ」を知っているか!?

盛岡肴町の小劇場「風のスタジオ」が総力を挙げてお送りする、ワクワクドキドキの一週間ぶっ通し演劇ロングラン!

盛岡屈指の個性爆発俳優がまさかの勢揃い!そしてあの大食い女王・魔女菅原が演劇人生初挑戦でもう期待と歓喜と胸騒ぎが止まらない!盛岡演劇界の生ける伝説・おきあんご(71)への怒涛の10時間インタビューも敢行!徹底取材のもと、ベールに包まれたおきあんご波乱万丈の71年間が今解き明かされる!

 

[あらすじ]

近年変化の激しい我らが肴町。あたりまえがあたりまえでなくなってゆく寂しさとともに生きているわたしたち…。
この物語は、アーケードを行き交う人々の1年間の悲喜こもごもと、アーケードをゆくあてもなく昼夜歩き続けるある老人の70年間の人生を、肴町の移ろいゆく四季とともに描く「肴町人間賛歌」である。

 

ーーーーーーーーーー
2020年 1月27日(月) 〜 2月2日(日)

 

1月27日(月) 19:30
1月28日(火) 19:30
1月29日(水) 休演日
1月30日(木) 19:30
1月31日(金) 19:30
2月1日(土) 19:30
2月2日(日) 11:00/15:00
全7ステージ/開場は開演の30分前/上演時間80分(予定)


会場:いわてアートサポートセンター風のスタジオ(盛岡市肴町4-20永卯ビル3F)

 

◎ チケット
一般 1800円/学生・シニア(65歳以上) 1000円
※当日各200円増

 

ーーーーーーーーーー

● 旋風の劇場とは?
真如苑プレゼンツ「いわて文化振興プロジェクト」の助成をいただきながら、いわてアートサポートセンターが新たに立ち上げる企画。「肴町右往左往物語」が記念すべき第一回目の公演となる。
『勢いのあるクリエイターが起こす風を見逃すな!風のスタジオがピックアップする、今、一番面白いステージ。』

 

いわてアートサポートセンター

ウェブサイト http://iwate-arts.jp

 


劇団ちりぢり第4回公演 「劇団ちりぢりは令和を認めない」

劇団ちりぢり第4回公演「劇団ちりぢりは令和を認めない」(※公演は終了しました)

 

 

(※画像クリックで拡大表示)

 

「別にわたしが天皇になったっていいじゃん!」

舞台は東京・千代田区に佇むお堀に囲まれた奇天烈な大豪邸。一人娘のラブ子は学習院女子高等科の三年生でかわいい悩み事がいーっぱい!UMAの捜索に命を懸ける近所のお兄さんに熱烈な恋をしているし、だけど政略結婚を狙う醜い男たちに昼夜付きまとわれて困っちゃうし、そりゃあアメリカ土産の変な色のグミとかもおもいっきり食べたいけどすぐ二の腕太くなっちゃうし、わたしが「女」であることでなぜだかみんな都合が悪いみたいだし・・・。

 

新時代を迎え再び議論が過熱する「女性天皇問題」を、笑いあり涙ありタブーなしの爆裂人情喜劇でクールに揶揄する劇団ちりぢり令和最初の攻めの一発!

 

ーーーーーーーーーー

2019年
11月16日(土) 14:00/19:30
11月17日(日) 11:00/15:00
※30分前開場 ※上演時間80分(予定)

 

会場:いわてアートサポートセンター風のスタジオ(盛岡市肴町4-20永卯ビル3F)

 

◎ チケット
一般 前売 1500円 (当日券2000円)
大学生以下 前売 1000円 (当日券1500円)

 

ーーーーーーーーーー

 

● 劇団ちりぢりとは?

盛岡一高演劇部平成22年度卒業生が中心となり、2012年に盛岡にて旗揚げした劇団である。

名前の通り日本各地にちりぢりになったメンバーがふとしたことで地元盛岡に集まり公演を行う。

第3回公演「血は立ったまま眠っていない」が第16回盛岡市民演劇賞「観客賞」を受賞。

盛岡在住団員、情熱的かつ精力的に活動中。

 

ウェブサイト http://chiridiri.web.fc2.com

Twitter https://twitter.com/chiridiri

 


さくらホールしょうげき!Co.山田うん ダンス公演 「話のない物語」

さくらホールしょうげき!Co.山田うん ダンス公演「話のない物語」(※公演は終了しました)

 

 

(※画像クリックで拡大表示)

 

キッザートの子ども達と楽しく踊るダンサー・振付家の山田うんさんが創るダンス公演


日本国内外で活躍を魅せる、ダンサー・振付家 山田うんさん。北上さくらホールとのご縁は2008年から。
ダンス作品『W.i.f.e.』の上演と、市内各所での様々なダンスワークショップをきっかけに、子どものための舞台芸術体験事業「キッザート」のダンスアーティスト先生として毎月さくらホールに登場し、子ども達の心と身体を踊らせてくれています。
今回は主宰するダンスカンパニーダンサーの圧倒的な身体表現を通して、音楽とダンスの美しい時間を創り出し、振付・演出家としてダンスの可能性を示します。また、宮城、岩手のために創る新作では、ダンサーとしての味わい深さ、凄さを体感できます。奥深いダンスの世界、その世界観を身体一つで伝えるダンサー達にどうぞ出会ってください。 

 

[プログラム]
・カンパニー作品『プレリュード』さくらホールVer.
・仙台・北上のために創る作品『あたらしいししおどり』

 

『プレリュード』

出演:飯森沙百合/川合ロン/河内勇太郎/木原浩太/黒田勇/田中朝子/西山友貴/仁田晶凱/長谷川暢/望月寛斗/山口将太朗/山崎眞結/山根海音/吉裕哉

世に溢れる「前奏曲」(プレリュード)の中から圧倒的なエネルギーを持つ8曲を厳選。ワーグナーのオペラや、ラフマニノフ、スクリャービンやカプースチンのピアノ曲、そしてドビュッシーの「牧神の午後への前奏曲」など様々な美しい前奏曲(プレリュード)を使用したオムニバス形式のダンス作品です。群舞、ソロ、デュオ、トリオなどが交錯し、短編映画や短編小説集のような味わいをお楽しみください。
〔使用曲〕
ワーグナー「ニュルンベルクのマイスタージンガー第一幕への前奏曲」
レーラ・アウエルバッハ「ヴァイオリンとピアノのための24の前奏曲」他

 

『あたらしいししおどり』 

出演:川合ロン/長谷川暢/山田うん 美術:三ツ泉貴幸(STARBOY inc.)

狩猟で犠牲になった山の獣を供養するための踊り、鎮魂、命への感謝の踊りがルーツといわれる郷土芸能「鹿踊」との出会いから、創作する小作品です。東京で暮らす生活の中で私たちが作る「鹿踊」は、恥ずかしながら代々受け継がれているそれとは全く違うものです。儀礼的で躍動的、天と地に向かってあらゆる生命を讃えながら、踊り手の肉体は苦労の喜びに包まれる、圧倒的な美へ尊敬の意を込めて。

 

ーーーーーーーーーー

2019年

11月9日(土) 18:00(開場17:30)
11月10日(日) 15:00(開場14:30)

 

会場:北上市文化交流センター さくらホール 小ホール
(岩手県北上市さくら通り2-1-1)


◎ チケット
おとな 3300円 / こども(中学生以下) 2200円(税込)全席自由

ーーーーーーーーーー

 

● Co.山田うん

2002年設立の山田うん率いるダンスカンパニー。

鋭敏な感覚と野性的な肉体を持つ多彩なダンサーが常に十数人所属し、圧倒的なチームワークと個性が際立つ。国内各地での舞台、ワークショップ、海外ではアジア、中東、欧州、アメリカなどで共同製作や招聘公演が後を絶たず、日本を代表するコンテンポラリーダンスのカンパニーとして、世界中から注目を集めている。ダンス公演以外にもオペラ、ミュージカルの出演や音楽、伝統芸能とのコラボレーション、イベントプロデュースなどマルチな活動を展開。また全国の自治体や劇場と連携したツアーや学校、福祉施設でのワークショップ、まちづくりや特産品PR、飲食、ファッション、ITなど他業界と手を組み未来に向けたアートと観客、アーティストと社会の新しい関係を生み出している。

ウェブサイト http://yamadaun.jp

 

公演詳細は北上市文化交流センター さくらホール ウェブサイトをご覧ください。

http://sakurahall.jp

 


劇団赤い風 第82回公演「奴婢訓」

第72回岩手芸術祭演劇公演 旗揚げ40周年記念公演
劇団赤い風 第82回公演「奴婢訓」(※公演は終了しました)

 

 

(画像クリックで拡大表示)

 

世界は、たった一人の主人の不在によって充たされるのである。(寺山修司)

 

舞台は東北の一寒村にある農場。交代で主人を演じる遊戯に興じる奴婢たち
(全ての奴婢は宮沢賢治の童話の登場人物の名で呼ばれる)
赤い風が旗揚げ40周年の節目に送る寺山演劇の真髄。全神経を傾けて見届けよ

 

ーーーーーーーーー

2019年
11月2日(土)14:00開演/18:30開演
       3日(日)14:00開演
※各回開場は開演の30分前(全3回公演)

 

会場:いわてアートサポートセンター風のスタジオ(盛岡市肴町4-20 永卯ビル3F)

 

◎チケット

一般 前売 1500円(当日 1800円)
学生・シニア(65歳以上) 前売 1200円(当日 1500円)

 


演劇ユニットせのび Bookmark「Tree House Festival 2019」

演劇ユニットせのび  Bookmark「Tree House Festival 2019」(※イベントは終了しました)

 

 

(※画像クリックで拡大表示)

 

演劇・音楽・ジャグリング・ダンス・漫画etc様々なジャンルのアーティストがそれぞれの領域を越えて表現するイベント

「Tree House Festival」
それは人と人、人と芸術、新たな出会いとワクワクが、世界という大きな樹の上に建てられた1つの空間(家)に集うイメージ。
「芸術にふれる機会が少ない」「劇場やライブハウスの敷居が高い」「もっといろんな芸術を楽しみたい」
日頃、このような思いを感じている人達をターゲットに、未だ見ぬアートやアーティストとの出会いの場を作り出す。

 

ーーーーーーーーーー
2019年 11月3日(土) 14:00開演(13:30開場)
After Party 17:00-18:00
場所:岩手県公会堂 21号室

 

◎ チケット
一般 前売 1500円(当日2000円)1ドリンク込み
After Party 1000円
小学生以下 無料

 

ーーーーーーーーーー

●演劇ユニットせのび とは
2016年3月主宰の村田青葉を中心に結成した演劇ユニット。

「今の自分よりちょっとでも大きく」をモットーに、「のびのびとした作品」づくりを心がける。

ウェブサイト https://engekisenobi.wixsite.com/home

Twitter https://twitter.com/nobinobi_senobi

 

●Bookmark とは
2017年12月に演劇ユニットせのびが立ち上げた企画。せのびがおこなっている演劇公演やWS等の活動を「縦軸の活動=演劇を深める活動」と捉え、同企画では主に「横軸の活動=演劇を広げる活動」をおこなっている。

 


眦長平「カプセルと罫線」終了しました

眦長平「カプセルと罫線」は9月29日(日)をもちまして終了いたしました。

ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。

 

 

9/30(月)-10/4(金)の間は展示替えとメンテナンスのため、ショップ・展示はお休みします。

ご用の方、チケット購入の方は中のスタッフにお声掛け下さい


【販売中】岩手県立美術館 企画展「ジブリの大博覧会 〜ナウシカからマーニーまで〜」

岩手県立美術館 企画展「ジブリの大博覧会 〜ナウシカからマーニーまで〜」前売券販売中。

 

 

(画像クリックで拡大表示)

 

1985年の設立以来、アニメ史上に残る作品を多数制作してきたスタジオジブリの設立から約30年間の歩みをたどります。

 

ーーーーー
会期:2019年11月30日(土)ー2020年2月16日(日)
会場:岩手県立美術館 企画展示室
開館時間:9:30ー18:00(入館は17:30まで)
休館日:月曜日(1月13日、2月10日は開館)、12月30日−1月1日、1月14日

 

◎ 前売券 ※販売は11月29日(金)まで
[一般] 前売 1200円(当日1500円)
[高校生・学生] 前売 700円(当日900円)
[小学生・中学生] 前売 400円(当日500円)

 

詳細はウェブサイトをご確認ください。
http://www.ima.or.jp/exhibition/temporary/20191130.html

 


もりげき八時の芝居小屋第168回 劇団ゼミナールコントライブ「THE BEST OF GUESTS」

もりげき八時の芝居小屋第168回 劇団ゼミナールプロデュース
劇団ゼミナールコントライブ「THE BEST OF GUESTS」(※公演は終了しました)

 

(画像クリックで拡大表示)

 

盛岡演劇界の至宝★スペシャルゲストと遊ぶ ゼミナールコント迷作集の世界!
劇団ゼミナール30周年記念公演第3弾!ゼミナールのコントをゼミナール以外の役者でやってみたい…。
ということで、過去に上演し好評を頂いたラインナップを、11名のゲストと共にさらにブラッシュアップしてお届けします!
あの人があんな役を!?乞うご期待!

 

ーーーーーーー
2019年
10月30日(水)、10月31日(木)、11月1日(金)
各日19:30開場/20:00開演

 

会場:盛岡劇場タウンホール(盛岡市松尾町3-1)

 

◎ チケット
前売 1000円(当日1200円)
※mフレンズ 800円 (取り扱いは盛岡劇場、盛岡市民文化ホール、キャラホール、姫神ホールのみ)
※共通回数券7枚綴り 5000円 (盛岡劇場のみで販売)

 

ーーーーーーー

劇団ゼミナール ウェブサイト http://zeminar.com


最新情報はTwitter、facebookをご確認ください。

Twitter  https://twitter.com/gekidan_zeminar

Facebook  https://www.facebook.com/zeminar/

 


ゼミナールコント vol.13「デウス・エクス・マキナ」

劇団ゼミナール30周年記念 ゼミナールコント vol.13「デウス・エクス・マキナ」

(※公演は終了しました)

 

(画像クリックで拡大表示)

 

結末まで分からない。ラスト30秒に何かが起こる!
劇団ゼミナール30周年記念公演第2弾は、5年振りの新作オリジナルコントライブ!


「デウス・エクス・マキナ」とは「機械仕掛けの神」と訳される演出手法のことで、
物語の収拾がつかなくなった時に思わぬ展開で強引に収束させることを指します。
ゼミナールオリジナルメンバーにゲストを加え、多彩なコントの世界を繰り広げます。
もりげき王2019参加作品「AI芸人」の続編もご覧いただけます!お楽しみに!

 

ーーーーーーー

2019年
10月19日(土) 15:30-/19:45-
10月20日(日) 14:00-/19:00-
開場は開演の30分前

 

会場:いわてアートサポートセンター風のスタジオ(盛岡市肴町4-20永卯ビル3F)

 

◎ チケット
一般 前売 1200円(当日 1500円)
高校生以下 前売 800円(当日 1000円)

ーーーーーーー

 

劇団ゼミナール ウェブサイト http://zeminar.com


最新情報はTwitter、facebookをご確認ください。

Twitter  https://twitter.com/gekidan_zeminar

Facebook  https://www.facebook.com/zeminar/

 


<< | 2/46PAGES | >>

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

Category

Archives