根本裕子&是恒さくら ミニインタビュー「山形藝術界隈とは?」

写真: Yuko NEMOTO + halken LLP

 

今年は大槌秀樹 、是恒さくら 、根本裕子 、3人の「山形藝術界隈」の作家がCygで展覧会を開催。

「山形藝術界隈」とは何なのか?お二人に聞いてみました。

(このミニインタビューは、情報紙「Cyg INFO」2018年9月発行号に掲載されたものです。)

ーーー

 

Cyg 山形藝術界隈は、どのようなグループなのでしょう?

根本 「山形ビエンナーレ2016」期間中に開催されたアートの市「芸術界隈」から派生した芸術運動体です。絵画・音楽・パフォーマンスなど表現方法の異なる地方在住の若手作家が中心となり活動しています。

 

Cyg 山形藝術界隈としてはどのような活動をしているので しょうか?
是恒 これまでの主な活動としては、2017年から自主企画展示を始め、その後県内外でいくつもの企画展示に参加してきました。

2018年から「石巻のキワマリ荘」を運営するアーティストの有馬かおるさんにお声がけをいただいて、「年間山形藝術界隈」とし て1年間、参加作家の組み合わせを変えながら連続企画展を開催しています。

 

Cyg ファンディングプロジェクト山形藝術界隈友の会についても教えていただけますか?

是恒 アーティストは自身の作品を売買することで経済的自立を果たしますが、地方においてはアート作品が売買される機会自体が 少なく、それが困難ではないか?ともいえます。山形藝術界隈では、今後の活動を持続的なものにするためファ ンディングによる経済的自立を目指したいと考えました。

 

 

Cyg 5-6月の大槌さんの展覧会では、根本さんがパフォーマンスを行う大槌さんをモチーフに陶彫刻を制作していましたね。

根本 もともと私は小さい陶のダビデ像のシリーズなどを 制作していました。友人である大槌さんが彼の作品の中でダビデ像など彫刻像を演じ始めて、それを私が立体に置き換えた陶彫刻を作ることがおもしろいと思ったんです。


 

(写真)大槌秀樹「神々の撮影」コラボレーションの様子。ショップコーナーにて「大槌秀樹氏による円盤投げ像」「大槌秀樹氏によるバッカス像」などを展示・販売。
2018年5月26日(土)-6月24日(日) 大槌秀樹「神々の撮影」
https://www.cyg-morioka.com/exhibition/2018051/index.html

 

 

 

Cyg 今回も根本さんと是恒さんのコラボ作品が登場するということですが、それはどんなものなのでしょうか?
根本 私は「SANZOKU」という実際に使えるアート作品としての食器のブランドをやってきました。SANZOKUは「山にこもるための食器」がテーマですが、是恒さんの作品は鯨など海の生き物を扱っているので、SANZOKUの海バージョンもありだよねという話になって、二人のコラボとして「KAIZOKU」をやろうという話になりました。

是恒 私が国内外で鯨の話を聞いて歩くうち、昔は鯨の骨が 食器や道具の材料になっていたものの、今は捕鯨が昔より盛んではなくなったので、使われなくなったと知りました。身近でなくなってしまった鯨の骨を再び身近にするような、骨をモチーフにした食器と、鯨のヒレや皮膚をイメージしたコースターのセットを考えています。

 

Cyg 楽しみです!今年の展覧会の他に、来年秋にもCygでの山形藝術界隈グループ展も計画していますので、引き続きよろしくお願いします。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

「山形藝術界隈友の会」はCyg店頭でもご入会手続き受付中

 

「山形藝術界隈友の会」は、「山形藝術界隈」の活動を支援するために発足された会員制の組織です。

支援方法として、サポーター(=会員)が活動資金の提供をする見返りとしてリターン(=作品)を入手する〈ファンディング〉の仕組みを採用しました。これにより、アート作品を手に入れることで誰でも気軽にアーティスト(=山形藝術界隈)の活動をサポートできます。

 

【リターンアイテム】

以下の3つのリターンアイテムを用意しています。友の会の入会にあたり以下のリターンメニューをお選びください。

各アイテムの詳細は山形藝術界隈友の会webサイトでもご確認いただけます。

https://shop.geijyutsukaiwai.org

 

---------------------------

◎ 3,000円のリターンアイテム

壺ポスター(B3サイズ両面デザイン×2種)※サイズ h515 × w364 (mm)

-------

◎ 15,000円のリターンアイテム

壺 [小](根本裕子による小さなかわいい壺)※サイズ h110 × w100 × d100 (mm)

-------

◎ 300,000円のリターンアイテム

壺 [大](山形藝術界隈の作家達によるペインティングが施された豪華な大きい壺)※サイズ h400 × w350 × d350 (mm)

---------------------------

 

※上記いずれも会員バッジ、会員限定パーティ招待付。壺はひとつずつ制作するため、それぞれ形・絵柄などに微妙な違いがございます。ご了承ください。

※Cygでは、「壺ポスター」「壺 [小]」は山形藝術界隈友の会入会後、即日お持ち帰りできます。

※その他、詳細等はお問い合わせください。

 


是恒さくら 「ほつれを・まつる 〜リトルプレス『ありふれたくじら』2016-2018〜」

企画展 是恒さくら 「ほつれを・まつる 〜リトルプレス『ありふれたくじら』2016-2018〜」開催しています。

 


ーーーーー


◎ トーク&朗読「ありふれたくじらの足跡」【予約受付中】
10月に是恒がくじらにまつわる岩手県・宮城県の祭の取材を計画中です。その取材発表を中心としたトークと、ありふれたくじらの朗読を行います。
2018年11月11日(日)14:00-
※当日13:45-15:30はイベント参加者のみの入場となります
会場:Cyg(展示会場)
参加費:1,000円
定員:20名【予約優先(電話・店頭・ウェブにて受付)】


ーーーーー

 

◎ 六月の鹿 スペシャル焙煎珈琲豆の販売
珈琲店「六月の鹿」が展覧会に合わせて特別に焙煎したコーヒー豆をCygにて限定販売します。
(「六月の鹿」店内ではコーヒーをお楽しみいただけます)
2018年10月13日(土)-11月11日(日)コーヒー豆販売場所:Cyg ショップ内

 

 

店舗情報:自家焙煎珈琲 六月の鹿
盛岡市内丸5-5/10:30-19:00(18:30L.O)/日・月曜定休 ※営業日時は変更となる場合があります

 

ーーーーー


是恒さくら「ほつれを・まつる 〜リトルプレス『ありふれたくじら』2016-2018〜」
2018年10月13日(土)-11月11日(日)11:00–19:00/無休/入場無料
展覧会詳細はウェブサイトをご確認ください。
https://www.cyg-morioka.com/exhibition/2018101/index.html

 


常設展示・ショップ営業中

12日(金)までは常設展示・ショップのみの営業となります。

(10日(水)は会場メンテナンスのため、臨時休業とさせていただきます。ご了承ください。)

 


東北ゆかりの作家による作品を展示・販売中。ショップではアートブック、ZINE、作品集、ポストカード等のグッズを取り扱っています。

 

ーーー

 

展示替え期間の間、zineを少し拡大展示しています。

今回はABTT出品作品にも多いA5サイズのものをピックアップしてみました。同じサイズでも作り方や表現のバリエーションは様々です。

 

 

 


森田梢「私はあなたの絵」終了しました

森田梢「私はあなたの絵」は、10月7日(日)をもちまして終了いたしました。

ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。

 


ーーー
次回企画展は13日(土)より、是恒さくら「ほつれを・まつる 〜リトルプレス『ありふれたくじら』2016-2018〜」を開催します。
https://www.cyg-morioka.com/exhibition/2018101/index.html

 


【企画展 予告】是恒さくら 「ほつれを・まつる 〜リトルプレス『ありふれたくじら』2016-2018〜」

 

10月13日(土)より、仙台在住の美術家・是恒さくらの展覧会「ほつれを・まつる 〜リトルプレス『ありふれたくじら』2016-2018〜」を開催します。

 

 

是恒は国内外の鯨にまつわる話を訪ね集め、文章、刺繍作品を制作。それらを本の形にしたリトルプレス「ありふれたくじら」シリーズを発表してきました。時には人々の対立の原因にもなる鯨ですが、丁寧につづられた是恒の文章や刺繍は、鯨とかかわりながら暮らす人々の物語を遠く離れた誰かにまっすぐ優しく語り伝えます。本展覧会では原画刺繍を始め、最新作「ありふれたくじらVol.5」も発表します。 

 

ーーーーーーーーーーーー

 

是恒さくら 「ほつれを・まつる 〜リトルプレス『ありふれたくじら』2016-2018〜」

2018年10月13日(土)-11月11日(日)11:00–19:00/無休
※11月11日(日)13:45-15:30はイベント参加者のみの入場

会場:Cyg art gallery(入場無料)

 

ーーーーーーーーーーーー

 

◎ トーク&朗読「ありふれたくじらの足跡」

10月に是恒がくじらにまつわる岩手県・宮城県の祭の取材を計画中です。その取材発表を中心としたトークと、ありふれたくじらの朗読を行います。

 

2018年11月11日(日)14:00-
※当日13:45-15:30はイベント参加者のみの入場となります

会場:Cyg(展示会場)

参加費:1,000円

定員:20名/予約優先(電話・店頭・ウェブにて受付)

予約メールフォーム https://www.cyg-morioka.com/contact.html

 

ーーーーーーーーーーーー

 

◎ 六月の鹿 スペシャル焙煎珈琲豆の販売

珈琲店「六月の鹿」が展覧会に合わせて特別に焙煎したコーヒー豆をCygにて限定販売します。

 

2018年10月13日(土)-11月11日(日)
販売場所:Cyg ショップ内

 

店舗情報:自家焙煎珈琲 六月の鹿
盛岡市内丸5-5/10:30-19:00(18:30L.O)/日・月曜定休 ※営業日時は変更となる場合があります

 

ーーーーーーーーーーーー

 

展覧会情報 https://www.cyg-morioka.com/exhibition/2018101/index.html

 


【お知らせ】Instagram はじめました

Instagramをはじめました。

こちらでも企画展/常設作品/ショップ取扱商品などをご紹介しています。
 

https://www.instagram.com/cyg_morioka/

 


【常設展示】おすすめの作品

Cygの常設展示では、東北ゆかりの作家による作品を定期的に入れ替えながら展示・販売しています。

 

 

こちらは福島県出身のナガバサヨさんの作品。

緩衝紙などにアクリル絵の具で描かれた作品は、筆の動きや色の重なりを楽しむことができます。

額装は木地の額にスエード調の布マットを使用。少し落ち着いた、暖かみのある印象となっているので、これからの季節におすすめです。

 

作品を飾ると、空間の印象は大きく変わります。額装作品はご自宅等でも簡単に飾ることができます。

ご紹介した作品は、A3コピー用紙と大体同じ大きさなので、お部屋にも馴染みやすいです。

 

ーーーーーーーーーー

 

 

今回ご紹介した他にも、作品を展示しています。額装について、お好みのイメージに沿ったご提案もいたします。

写真中央の黄色い作品も空間が明るい印象になり、おすすめです。

日々の暮らしのなかに、作品を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

作品のサイズや価格、ご購入についてなど、メールフォームよりお気軽にお問い合わせください。

 


【販売中】tasse trial vol.2 ダンス公演「草創シェイク」

ジャグリングダンススタジオ tasse 企画 パフォーマンス実験部屋 tasse trial vol.2
ダンス公演「草創シェイク」チケット販売中。

 

 

タス トライアル第二弾は3人のパフォーマーによる共同創作。

図らずして盛岡に集まったそれぞれは、大きな選択をして一歩を踏み出したところだった。

3つの交わることの無かった道が重なるとき、そこには何が生まれるのか。

三者三様の「いまの身体」と向き合い、体で考え、共に踊る。

そうして導き出される未来の形を模索しダンス作品として届けます。

 

ーーーーーーーーー

 

2018年 11月
23日(金)18:00

24日(土)13:00/18:00

25日(日)11:00

26日(月)19:30
全5回公演

*受付開始・開場は各開演時間の30分前

*公演時間は50分程度を予定

 

会場:tasse(盛岡市中野1-28-10)

 

◉ 予約/前売 1600円(1ドリンク付き)(当日 2000円)
*中学生以下は料金1000円引き、未就学児は入場無料

*リピーター割引あり。2回目以降のご観覧は前売料金の300円引き。

 

ーーーーーーーーー

 

[作・出演]坂上健、山手清加、山村佑理

[広報・制作]村田青葉

[企画・運営]tasse

 

【パフォーマー プロフィール】

◎ 坂上健 SAKAGAMI Ken

1981年 岩手県陸前高田市生まれ。盛岡市で育つ。岩手大学人文社会学部卒業。

8歳からジャズダンス・モダンダンスを学び、大学卒業後バレエを学ぶ。2009年に上京、コンテンポラリーダンスを河名健次に師事。2013年より独自の舞踏表現を追求するため即興で踊り始める。今年7月に地元盛岡に戻る。ダンスで提示できる世界をより豊かにできるよう身体の可能性を探求する。

ーーー

◎ 山手清加 YAMATE Shizuka

1989年盛岡市出身。3歳でダンスをはじめる。獣医師免許取得後、フランス・トゥールーズの国立振付開発センターにて2年間コンテンポラリーダンスの研修を受ける。2015年より自身の変化の過程を形に残すシリーズ企画「にんげん博物館」を発表。「雲は透ける、ペーパーナプキンにあこがれて」など演劇作品の振付も行う。

ーーー

◎ 山村佑理 YAMAMURA Yuri

1992年 東京出身。10歳でジャグリングをはじめる。2009年ジャグリング世界大会決勝出場、2010年全国大会銀賞を受賞。ボールと一緒に踊る独自の表現で、国内・海外各地のイベント・舞台・サーカス等に多数出演。2014年フランスの名門サーカス学校Le Lidoに入学、2年間修行の後、盛岡市へ移住。2018年山手清加と共にtasseを立ち上げる。盛岡雑技の会代表。

 

 

公演最新情報

tumblr https://uutasse.tumblr.com

twitter https://twitter.com/uutasse

 

 


【販売中】もりげき八時の芝居小屋 第162回 八時の芝居小屋制作委員会プロデュース 「バンク・バン・レッスン」

もりげき八時の芝居小屋 第162回 八時の芝居小屋制作委員会プロデュース「バンク・バン・レッスン」チケット販売中。

 

 

とある地方銀行のフロアには、防犯訓練を控えた銀行員たちが緊張の面持ちで佇んでいた。
予期せぬ来訪者を巻き込み、ドラマを求めて繰り返される銀行強盗襲撃訓練!
正義とは?秩序とは?親子とは?緊迫した立て籠り現場で今、愛と絆が試されるッ!

 

ーーーーーーーー

2018年 11月14日(水)、15日(木)、16日(金)
全日 19:30開場/20:00開演

 

会場:盛岡劇場タウンホール

 

◉ 前売り 1000円(当日 1200円)

 

ーーーーーーーー

 

【出演】

藤原瑞基(劇団ちりぢり)

佐藤玲香

角舘信哉(liner notes)

佐藤央臣(劇団ちゃねる)

福島くるみ(劇団しばいぬ)

盒郷真

村井みづき(劇団かっぱ)

榊原明徳(現代時報)

 

 

作:高橋いさを

演出:ベロ・シモンズ(ボーイズドレッシング)

制作:佐々木啓太、藤原さつき(スワンボート)、嵯峨瞳(片目で立体視)

装置:大久敬介

音響プラン:土川拓未(ボーイズドレッシング)

音響補助:日坂さと(劇団ちりぢり)

照明:浅沼昌弘(アクト・ディヴァイス)

衣装メイク:藤原悦子(よしこ)

舞台美術:日本人

宣伝美術:平川重寅(pmi)

プロデューサー:東隆幸

 

公演最新情報(twitter:@bankbang2018)https://twitter.com/bankbang2018

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

◎ もりげき八時の芝居小屋とは

盛岡劇場地下のタウンホールにて、夜八時に開演する公演。" はちしば "の通称で親しまれ、良質なお芝居を手ごろな料金で、学校や仕事の帰りに立ち寄って楽しめるようにと企画されました。劇団の枠を超えた役者・スタッフによるプロデュース公演をはじめ、バラエティー豊かな作品が年6回ほど上演されています。

 


【シグ・ショップ】「cat&dog&me 2019 チャリティーカレンダー」

「cat&dog&me 2019 チャリティーカレンダー」を入荷しました。店頭にて販売中。1,000円(税込)

 


犬と猫と人とが幸せな暮らしを考えてみませんか?
大切な家族の一員として暮らしている猫や犬。そうではない猫や犬。その違いはなんでしょう。

『私たち人間がもう少し知ることで 幸せな猫や犬が増えればいいな』

そんな気持ちで[cat and dog and me]を企画いたしました。

このカレンダーの収益金は、動物管理センターや愛護団体にお届けし

犬と猫と人との幸せな暮らしにお役立ていただきます。(カレンダー掲載文より)


ーーーーー
絵とデザインは、宮城県在住の美術家・樋口佳絵さん。

カレンダーには「知ってほしい 犬と猫と人とのこと」も同封されています。

 

 

 


<< | 2/37PAGES | >>

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

Category

Archives