劇団コトナコナタ プロデュース公演「石館さんちのお孫さん」

第28回もりげき祭 参加作品 劇団コトナコナタ プロデュース公演「石館さんちのお孫さん」 チケット販売中。

 

 

舞台は■■県の内陸にある子之里村。この小さな村で■■を務める石館勉とその妻、志穂は、■■の大学に通っている一人娘・美佳の帰りを今か今かと待っていた。

村を出てからほとんど■■■■になっていた美佳だが、先日突然連絡をしてきたかと思えば、自身が妊娠9ヶ月■■■■■、■■■■■の■■■■■■ために村を訪れたいということを告げてきたのだった。

ついに石館家に到着した美佳。そしてその横にいたのは、■■■■■■■■■■須貝琉宇九(■■■■■■)であった。果たして■■■■■である勉は、■■な琉宇九を■■■■■■■■できるのか。

しかし・・・物語はこのまま■■■■■■■■■■■■■■■ない。琉宇九が石館家の■■■■■■■を知ったことをきっかけに■■■■、■■のような展開を見せていく…。

 

ーーーーーーーー

2018年 8月11日(土)14:00-/19:00-、12日(日)14:00-
※各回開場は開演の30分前


会場:盛岡劇場タウンホール

 

◉ 一般 1000円 ◉ 高校生以下 500円(当日各300円増/日時指定/全席自由)
◉ おか割...半券を受付に提示されたお客様は一律500円で入場できます。


ーーーーーーーー

◎ 劇団コトナコナタとは

2008年結成、2009年『ボクラノココロガキエタヒ』で旗揚げ。
岩手県盛岡市を拠点として公演を打ち、ジャンルにとらわれず丁寧で質の高い作品を発信していくことを目標にしている。
第6回公演『アラウンダワールド』で第12回盛岡市民演劇賞大賞受賞、同作品で猿橋勇人が創作脚本賞受賞。
岩手県演劇協会、盛岡演劇協会加盟団体。


劇団コトナコナタ ウェブサイト http://kotonakonata.pya.jp
twitter/facebook @kotonakonata
公演特設twitter @ishidatesanchi

 


岩手大学劇団かっぱ 2018年夏期公演 「REgret」

岩手大学劇団かっぱ 2018年夏期公演「REgret」チケット販売中。

 

 

少女が見たのは、一人の青年の過去。
そして少女は知った。彼が何を思い、何を考え、何を得て、何を失い、何を成し、何を悔い、何を生きたか。
二人を乗せて電車は走る。それは過去へ、そして未来へ続く、一つの物語。

 

ーーーーーーーーーー

2018年 7月14日(土)14:00-/18:00-、15日(日)14:00-
※開場は開演の30分前

 

会場:盛岡劇場タウンホール

 

◉ 一般 1000円 ◉ 学生 800円 ◉ 高校生以下 500円
※当日は200円増し

 

◉ リピーター割 500円
(本公演の半券をお持ちいただくとどなたでも500円でご覧いただけます)

 

ーーーーーーーーーー

劇団かっぱ ウェブサイト http://kappahome.web.fc2.com

 


劇団ちゃねる 第43回定期公演 「鋼ノ声」

劇団ちゃねる 第43回定期公演「鋼ノ声」チケット販売中。

 

 

「思い出した。」
人とアンドロイドが住む世界。
両者は隔たれ、明確なヒエラルキーの元で暮らしていた。
生まれてから葛藤をやめないモノたち。
新米の機械整備士テツと身元不明のアンドロイドのナナは一つの正しさ無き解答を出す。
これはセカイ(観念)に抗うヒトビトの物語。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2018年 7月7日(土)14:00-/19:00-、8日(日)14:00-
※開場は開演の30分前 ※上演時間は90分を予定

 

会場:いわてアートサポートセンター 風のスタジオ

 

◉ 一般 前売 1000円 ◉ 学生 前売 800円

◉ 当日一律 1200円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

◎ 劇団ちゃねる とは

岩手県立大学の演劇部。活動理念は演劇を見たことがない人でも楽しめる舞台づくり。

『channel』とは「海峡」や「水路」を意味しており、流動的な水のように、ジャンルや常識にとらわれない独自のスタイルで活動している。

ウェブサイト https://gekidan-channel.jimdo.com

 


劇団しばいぬ Re:寺山 theater.act1 「アダムとイヴ、私の犯罪学」

寺山修司演劇祭 劇団しばいぬ Re:寺山 theater.act1「アダムとイヴ、私の犯罪学」チケット販売中。

 

 

2018年 6月16日(土)14:00-/19:00-、17日(日)14:00-
※開場は開演の30分前

 

◉ 一般 前売 1200円(当日 1500円)
◉ 学生 前売 800円(当日 1000円)

 

会場:いわてアートサポートセンター 風のスタジオ

 


寺山修司演劇祭「この世のことならず(『十三の砂山』より)」

寺山修司演劇祭 実行委員会プロデュース公演「この世のことならず(『十三の砂山』より)」

 

 

テレビ脚本未公開作品を初の舞台化!
盛岡、宮古、二戸の三都市から参加する役者9名+異形の怪人、特別出演!

 

月が消えた夜、押入れの襖を開けると「狂気」と「夢」が入り混じる伝説のまち。
君は母を捨てられるか。「犬神」や「田園に死す」につながる幻の作品が蘇る!

 

ーーーーーーーーーー

2018年 6月9日(土)14:00-/19:00-、10日(日)14:00-
※受付開始は開演45分前/開場は開演30分前

 

会場:いわてアートサポートセンター 風のスタジオ

 

◉ 前売一般 1500円(当日 1800円) ◉ 前売学生 1200円(当日 1500円)

 

 


田上パル 第17回公演「Q学」

田上パル 第17回公演「Q学」岩手公演 チケット販売中。

 

 

高校。表現選択科目「演劇」の授業時間帯。「演劇」の授業を選択した生徒たちは、一癖も二癖もある問題児。
自称演劇人の非常勤講師によるやる気のない「演劇」の授業は、ただの不良の巣窟と化してしまうが、無気力と惰性の時間の連続は、彼女たちの絆を深めていった。しかし、ある時、その授業が研究授業として発表しなくてはならなくなる 。

非常勤講師の提案に 、全員で『走れメロス』を題材にした芝居を作ることになるが…
不良×太宰×演劇。
演劇の神様は、きっと彼女たちを素敵なところに導いてくれるに違いない。 


ーーーーーーーーーー

2018年 6月17日(日)14:00開演(30分前開場/60分前受付開始)
会場:宮古市民文化会館 大ホール
◉ 前売券 一般 2000円/小中学生 1000円


ーーーーーーーーーー
田上パル ウェブサイト http://www.tanouepal.com

 


寺山修司朗読ジュリエット・ポエット「赤糸で縫いとじられた物語」

寺山修司演劇祭/寺山修司 朗読ジュリエット・ポエット「赤糸で縫いとじられた物語」チケット販売中。

 

 

「ジュリエット・ポエット」寺山修司が名づけた、散文詩と童話の不思議な世界。

抒情と幻想が溶け合った、鮮やかな短編を朗読でお楽しみ下さい。(公演チラシより)

 

ーーーーーーーーーー
2018年 6月2日(土)14:00-/19:00-、3日(日)13:00-
※開場は開演の30分前
会場:いわてアートサポートセンター 風のスタジオ
◉ 公演チケット(前売・当日)500円

 


もりげき八時の芝居小屋 第159回公演 「ちゃんぽん」

もりげき八時の芝居小屋 第159回公演 八時の芝居小屋制作委員会プロデュース「ちゃんぽん」チケット販売中。

 

 

1980年5月18日、全羅南道(チョンラナムド)光州(クァンジュ)で起こった民間人対韓国軍の衝突事件、光州事件。
多くの犠牲者を出した光州事件は一杯のちゃんぽんの奪い合いから始まった…!?
中華料理店『春来園』で素朴な夢を見ながら暮らすシン・ジャンノ達が意外なことから5・18の荒波に巻き込まれる様を描いたブラックコメディ。
2004年の初演から今なおロングラン公演を続ける韓国の人気作品が、初めて盛岡で上演される貴重な機会となります。是非ご覧ください。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2018年 5月30日(水)、5月31日(木)、6月1日(金)
20時開演(開場は開演の30分前)

会場:盛岡劇場 タウンホール

◉ 前売 1000円/当日 1200円

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎ もりげき八時の芝居小屋について
盛岡劇場地下のタウンホールにて、夜八時に開演する演劇公演です。
“はちしば”の通称で親しまれる「もりげき八時の芝居小屋」は、良質のお芝居を手ごろな料金で、仕事帰りにも立ち寄れる夜8時から上演する演劇公演です。
劇団の枠を超えたキャスト・スタッフによるプロデュース公演やアンコール公演などを企画・上演し、地元演劇の新しい観客の掘り起こしも目指しています。

もりげき八時の芝居小屋 Facebookページ https://www.facebook.com/8siba/

 


劇団ちりぢり第3回公演 「血は立ったまま眠っていない」

寺山修司演劇祭 劇団ちりぢり第3回公演「血は立ったまま眠っていない」チケット販売中。

 

 

1980年、寺山修司は渋谷区で取材中、他人の家の敷地内に侵入したとして現行犯で捕まった。
新聞はそんな寺山を「変態ノゾキ魔」と書き立てた・・・
「寺山にのぞかれたのはワタシです!そのせいで男性恐怖症になりました!」
場末の路上でサングラスをかけた盲目の女が白杖を振り回しながら狂い叫ぶ。
「ワタシをおかしくした責任を寺山にとってもらいます!寺山を見つけ出すまで、ワタシはワタシの純潔を守ります!」
ジュ、ン、ケ、ツ、ヲ、マ、モ、リ、マ、ス・・・
女の覚悟が地吹雪轟く北国の暗闇へ走り出し、愛憎が渦巻きながら火を噴いてまた走り出す。
女は孤独な旅に出る。寺山修司に、抱かれる為に・・・

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
2018年 5月26日(土)14:00-/19:30-、27日(日)14:00-
※30分前開場/上演時間約80分

 

会場:いわてアートサポートセンター 風のスタジオ

 

◉ 前売 一般 1200円/学生 800円
◉ 当日 一般 1500円/学生 1000円

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

劇団ちりぢり ウェブサイト http://chiridiri.web.fc2.com
 


寺山修司演劇祭参加作品 「新宿お七 〜ロング・グッドバイ〜」「天井棧敷 劇団総会」

寺山修司演劇祭参加作品
畠山泉 一人芝居「新宿お七 〜ロング・グッドバイ〜」おきあんご・畠山泉 対話劇「天井棧敷 劇団総会」チケット販売中。

 

 

◎畠山泉 一人芝居「新宿お七 〜ロング・グッドバイ〜」
学生運動を背景に恋に狂って街に火を放つ少女の姿を女優・畠山泉がたったひとりで演じ切る一人芝居。
寺山が描いた女の情念を見逃すな!


◎おきあんご・畠山泉 対話劇「天井棧敷 劇団総会」
かつて天井棧敷の劇団員だったおきあんごが「あの頃の寺山修司」に扮し、伝説の「天井棧敷劇団総会」の様子を再現する。

寺山のそばにいたからこそ知っている門外不出のエピソードの数々を寺山没後35年を記念して特別披露!
ゲスト:佐々木英明(寺山修司記念館館長)

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

2018年 5月12日(土)19:00-、13日(日)14:00- ※開場は30分前

 

会場:いわてアートサポートセンター 風のスタジオ

 

◉ 前売一般 1200円(当日 1500円)
◉ 前売学生 800円(当日 1000円)

 


<< | 2/3PAGES | >>

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

Category

Archives